SERVICE-IMG

兵馬俑と古代中国

兵馬俑展
SERVICE-IMG

兵馬俑と古代中国

兵馬俑
2022年、全国巡回決定

東京会場情報はこちら

SERVICE-IMG

兵馬俑は、古代中国の長い戦乱の時代に生まれた。

紀元前770年、周王朝は洛陽に遷都したが、次第にその権威は失われ、各地で有力な諸侯が独立していく時代に入った。約550年続いたこの群雄割拠の世が、後に言う春秋戦国時代である。

紀元前221年、秦の始皇帝がついにこの戦乱を終結させ、史上初めて中国大陸に強大な統一王朝を打ち立てた。わずか十数年のうちに秦は滅亡したが、始皇帝の墓に眠る兵馬俑や、万里の長城といった数多くの遺物は、当時の絶大な国力を現代に伝えている。

そして紀元前202年、漢の劉邦が西楚の項羽を破って再び中国を統一する。秦の国家制度を引き継いだ漢王朝は、古代中国における一つの黄金時代だ。この二国の治世は、中国の基礎を確立した時代として今に知られている。

本展では、秦漢両王朝の中心地域であった陝西省の出土品を中心に、日本初公開となる貴重な文物を多数展覧。それらが語る歴史を紐解いていく。

戦国時代の極小の騎馬俑が、なぜ始皇帝陵の等身大の兵馬俑となり、漢代では再び小さくなったのか?
なぜ西方の秦が、東の関を守り抜き、東方の六国に勝利しえたのか?

日中国交正常化から50周年を数える2022年、古代中国の知られざる秘密が明かされる。

SERVICE-IMG
SERVICE-IMG

開催概要

東京展

会期
2022年11月22日(火)~2023年2月5日(日)
開館時間
9:30〜18:00入館は閉館30分前まで
休館日
2022年12月31日(土)〜2023年1月1日(日)
会場
上野の森美術館
住所
〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
交通
  • JR 上野駅 公園口より徒歩3分
  • 東京メトロ・京成電鉄 上野駅より徒歩5分
主催
東京新聞、フジテレビジョン、上野の森美術館、陝西省文物局、陝西歴史博物館(陝西省文物交流中心)、秦始皇帝陵博物院
後援
外務省、中国大使館、公益社団法人日本中国友好協会
協賛
DNP大日本印刷
協力
一般財団法人日本中国文化交流協会、東海大学情報技術センター
お問合せ
050-5541-8600(ハローダイヤル/9:00~20:00)

東京展作品リストはこちら

展示室内写真撮影について

本展は1階展示室は写真撮影可能です。撮影にあたってはこちらをご確認ください。

ニュース

2023.1.11
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
1月27日(金)にサーバーメンテナンスを実施いたします。
AM2:00~AM8:00の間はサイト閲覧を一時休止いたしますので、ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
2022.11.22
東京展が開幕しました。
2022.10.27
東京会場チケット情報を追加しました。
2022.9.16
東京会場情報を公開しました。
2022.9.10
名古屋展が開幕しました。
2022.6.28
「図録・グッズ」情報を更新しました。
グッズのオンライン通販が始まりました。
2022.6.18
静岡展が開幕しました。
2022.4.6
「図録・グッズ」情報を更新しました。
2022.4.1
「スペシャル」に漫画「キングダム」とのコラボ展示情報を追加しました。
2022.3.24
「音声ガイド」に浪川大輔さんからのメッセージを追加しました。
2022.3.23
「図録・グッズ」を公開しました。
2022.3.9
「展示構成」「監修者メッセージ」(みどころ)を公開しました。
2022.2.25
「音声ガイド」を公開しました。
2022.2.24
「開催概要」に京都展の情報を追加しました。
2022.2.10
「みどころ」を公開しました。
公式サイトがリニューアルオープンしました。
2021.11.18
公式サイトがオープンしました。
SERVICE-IMG
兵馬俑と古代中国
兵馬俑と古代中国
  • TWITTER
  • facebook
  • LINE

上部左から 跪射武士俑 / 鎧甲武士俑 / 戦服将軍俑 / 鎧甲軍吏俑 / 立射武士俑 すべて統一秦 秦始皇帝陵博物院 / 騎馬俑 戦国秦 咸陽市文物考古研究所 / 鎏金青銅馬 前漢 茂陵博物館